印鑑の書体選び

書体イメージ

あなたの認印はどんな文字が彫ってありますか?自分の印鑑の書体、フォントを知っていますか?
印鑑に彫られたその書体があなたの認印や銀行印、実印の「顔」になります。

手書きでも機械でも、その印鑑と一生といっていいでしょう、ずっと付き合っていくわけですから、満足、納得の印鑑をつくりたいですよね。せっかくですもの。

たとえば認印には、やはり頻繁に使うはんこだから読みやすい分かりやすいが第一ですよね。
特に認印は人の目に付く機会が多いし、誰が確認したのか、誰が受け取ったのか、はっきりくっきりしていないといけません。

認印に適切だといわれているフォントとしては「古印体」が一番人気のようです。
古印体は古くから日本で印章に多く使われて、認印には一番なじみのある書体でしょう。
日本独自の書体で、隷書体から派生したといわれているものです。

印相体(吉相体)なども開運の書体などと呼ばれて広く使用されています。
この書体は実印によく使われています。

認印は分かりやすい字体が人気ですし相応しいです。
実印や銀行印はあまり簡単に複製できないもの、それは偽造を防ぐものでもありますから吉相体などを書体として印鑑をつくるということが一般的です。

いずれにしても一生お付き合いする印鑑ですからじっくり考えて自分お好みの書体で印鑑をつくるのをオススメします。
オーソドックスなものから珍しいものなど、いろいろありますからじっくり考えて選んでいきましょう。
納得いく印鑑をつくりましょう。

ページの先頭へ