大阪で印鑑を買う

セット印鑑イメージ

大阪の友人がはんこを買いに行く!というのでついて行くことになりました。
友人はこれから就職するので印鑑が必要だということで大阪で印鑑屋さんを探しました。
印鑑屋さんに着くと突然「印鑑くださーい」と叫ぶ友人ですが、印鑑屋さんのおじさんに認印でいいのか?と聞かれ「は?」と返す。

友人は印鑑の何を買うのかといういうことが分かっていませんでした。
印鑑の何を買ったらいいのかを結局印鑑屋さんのおじさんに聞くことに。

印鑑には実印、銀行印、認印があって、それぞれ用途がある。
実印はめったに押すものではない大切なもので、役所に印鑑登録しておくもので家を買ったり車を買ったりするときに必要になるもの。

銀行印は銀行で口座の開設をするときに押すもので、これもあんまり人目に出すものではない。
認印は回覧板とか宅急便とかにはんこ押すだろ?ああいうことに使うやつだよ、と教えてもらいました。

友人は結局何が必要なんだと聞かれ、友人は全部買ったほうがいいのかを聞く。
印鑑は必ずしもすぐに実印が必要になるわけではないから無理をして揃える必要はないと言われていましたが、せっかくだから、社会人になるんだし自分で印鑑の3本セット買いたい!ということで実印、銀行印、認印を揃えることになりました。

予定より大きな出費になったけど、それでも買った本人は自分で選んだ印鑑とその書体を伝え、1週間後に出来上がる印鑑を楽しみにしている。
横で見ていたけど、なんだかいいなぁと思った。印鑑を持つと大人になった感じがするんだろう。

ページの先頭へ